対面型薬剤情報システム DrugstarLead

対面型薬剤情報システム DrugstarLead

DrugstarLeadが処方変更時の問題を解決

患者さんの目の前で、おくすりの変更点を説明

患者一覧画面の機能アップ
従来の薬情や薬袋には、今回の処方情報しかないため、前回からの変更の際には、調剤室に薬剤の現物を取りに行って説明したり、薬情や薬袋に注意事項として手書きしていませんか? 手間をかけて説明しているのに、結局患者さんが覚えておらず、自宅から問い合わせの電話をかけてくるということもあるのではないでしょうか。DrugstarLead の「変更点薬情」がそのような問題を解決します。

↓Point 前回処方(左)と今回処方(右)患者さん見せながら変更のある薬剤を写真で説明できます。帳票には薬剤師の氏名や写真、さらに患者さんへのメッセージ(薬剤師からのひと言)を加えて印刷することができます。

患者さんの目の前で、おくすりの変更点を説明

 

DrugstarLeadの活用で期待できる効果

DrugstarLeadの活用で期待できる効果

DrugstarLeadのその他の標準機能

患者一覧画面の機能アップ
「自己紹介」画面では、薬剤師自身の活動報告や経歴、また趣味などの話題をPRできます。「処方歴参照」はいつでもどこでも参照できるので、時間外対応※などに活用いただけます。かかりつけ薬剤師のサポートにもご活用いただけます。

■名刺代わりにさりげなく自己PR  
・患者さんが自然に覚えてくれる  
・紹介項目は自由に編集可能  
・写真や似顔絵で顔もアピール

患者一覧画面の機能アップ

 

■時間外でもスマホで見て書ける  
・薬局外でのサポートに  
・スマホ、タブレット、PCで  
・メモ機能で記録を残せる

時間外でもスマホで見て書ける ※メンテナンス等が必要となった場合、サービスの提供を停止(0時から6時まで)することがあります。

DrugstarLeadクラウドとは

DrugstarLeadクラウドとは

オンプレミス※2型保険薬局用電子薬歴システム「PharnesV-MX」や「DrugstarPrime2※1」に搭載し、タブレットなどのモバイル端末を用いて、服薬指導から薬歴承認まで、薬歴に関係する一連の業務を効率的に完結できる、オンプレミスとクラウドのハイブリッド型システムを実現する対面型薬剤情報システムです。クラウドサーバーと薬局内サーバーとがリアルタイムで同期することで、最新の薬歴データが常時複製保存されるため、いつでもどこでも、薬歴情報の入力・参照が可能です。

次世代型調剤システムの電子薬歴を「DrugstarLead クラウド薬歴」で実現することにより、薬剤師の使い勝手を変えることなくさらなる患者サービス向上に寄与します。

オプションソフト

先確認薬歴連携ソフト

・紙媒体のアンケート用紙を電子化
・紙媒体の初回アンケートを書き写す手間を削減
・個人情報の紙媒体を削除するコストを削減
・電子版アンケートに記載した情報は、瞬時に電子薬歴へ転送

先確認薬歴連携ソフト

 

先指導薬歴連携ソフト

・前回処方の変更点をタブレットで説明
・「スタンプ」を使って服薬指導
・「くすりのしおり」を活用して、画面に示しながら説明
・服薬指導した内容は電子薬歴へ転送

先指導薬歴連携ソフト

 

システム連携

何より安全な服薬のために

保険薬局用コンピューターPharnesV※と対面型薬剤情報システムDrugstarLeadをバンドルした商品をラインナップ。DrugstarLeadは、前回処方からお薬が変更になっているときに、前回処方と今回処方を薬剤写真付きで左右に並べて表示し、とくに患者さんが服用時に間違えやすい処方変更を視覚的に説明することができるシステムです。投薬カウンターにおいてタブレットやPC 画面での説明に加え、患者さんにお渡しできる帳票(通称:変更点薬情)を印刷することができます。

何より安全な服薬のために