保険薬局用電子薬歴システム PharnesⅢ-MX

保険薬局用電子薬歴システム PharnesⅢ-MX

特長


電子薬歴とレセコンがひとつになって、患者さんにいっそう優しい薬局へ

PharnesIII-MXは、メディコムが育んできた実績あるレセコンと、薬剤師さんの声に耳を傾けた電子薬歴を完全融合。処方せん受付から鑑査・調剤・服薬指導への流れを迅速・確実に進めることで、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを大切にした満足度の高いサービスを提供することができます。

 


患者さんの薬歴をひと目で把握したい! —フルHDによる薬歴一覧表示—

過去薬歴の確認が迅速・かんたん

患者さんの薬歴表紙、鑑査情報、過去薬歴などを一度に表示できます。必要な情報を一画面で確認でき、処方鑑査、薬歴作成がスムーズに行えます。

今回と過去4回分の処方を表示

今回処方と過去4回分の調剤内容、指導内容を横並びで表示し、処方の変遷を容易に確認できます。過去薬歴を比較して変わった部分は色分け表示されるので、処方内容の変更をスピーディーに確認できます。

長期投薬患者の来局予測もチェック

選択メニューに、長期投薬患者の来局予測を表示。医薬品の在庫確認に活用できます。また、薬局独自の予定が入力できるカレンダー表示、プログラムやデータベースの配信情報、月別、年代別の患者数、調剤点数などの統計情報も確認できます。

薬歴記入や服薬指導をもっと早く正確に行いたい! —テンプレートの活用—

便利なテンプレートで薬歴記入がラクラク

初回/再来テンプレートにより新規来局時のアンケートから、再来時の確認事項まで、薬歴に記載が必要な事項をもれなく記録していくことができます。また、テンプレートで入力した内容は、薬歴表紙や薬歴として転記されます。

薬歴記入や服薬指導をもっと早く正確に行いたい! —テンプレートの活用—
疑義照会のテンプレートと履歴を表示

鑑査情報の結果により、医師への疑義照会が必要な場合、疑義照会テンプレートを活用することで、かんたんに薬歴に記入できます。また、過去の疑義照会履歴を参照できるため、不要な疑義照会を防ぎ、医療機関とのより良いコミュニケーションに役立ちます。

指導・確認すべき内容をメモ

患者さんの薬歴や鑑査情報、添付文書や副作用の初期症状などを参考にして、服薬指導すべき内容を抽出。画面上にメモとして貼り付けておくことで、服薬指導をスムーズに行うことができます。

レセコンと薬歴が一体型なので処方修正がスピーディー

疑義照会などの結果、処方内容の修正が発生した際もレセコンと電子薬歴が一体化したPharnesIII-MXならスムーズに処方修正が行えます。

患者さんに安心と安全をお届けしたい! —充実したデータベースの活用—

使用上の注意の改訂情報で適切な服薬指導

添付文書の改訂に関する「使用上の注意の改訂情報」および「DSU(医薬品安全対策情報)」をまとめた「使用上の注意の改訂情報データベース」をネット経由で配信します。患者さんに医薬品を安全にご使用いただくための適切な情報提供や服薬指導が可能であり、より充実した服薬カウンセリングを行うことができます。もちろん、薬歴にもかんたんに転記できます。

患者さんに安心と安全をお届けしたい! —充実したデータベースの活用—
処方薬に係わるチェック

処方薬や疾患から鑑査情報を表示。重複チェックでは配合剤の成分の重複、同効薬の重複にも対応。より的確な重複投与チェックが行えます。

副作用の初期症状の確認

薬剤ごとに重大な副作用と、その初期症状を確認できるデータベースを標準で搭載しています。このため、処方鑑査・服薬指導の強力なツールとしてご活用いただけるだけでなく、薬歴入力に利用することもできます。

添付文書の原本をそのまま表示

医薬品の添付文書、OTCの添付文書のデータベースを標準搭載。処方薬はもちろん、患者さんが併用している医薬品、OTCについても、即座に添付文書で確認できます。
①添付文書データベース
添付文書を各項目ごとに分けて画面表示、添付文書の原本もPDFで確認できます。また、文章を薬歴にも転記できます。
※ PDFからは一部薬歴に転記できないものがあります。
②OTC添付文書PDFデータベース
患者さんが服用しているOTC薬の添付文書を確認できます。

ハイリスク薬を時系列に管理

「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン(第2版)」の確認事項に準じた項目について、患者さんに確認した結果を時系列に入力・参照できます。

「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン(第2版)」の確認事項に準じた項目について、患者さんに確認した結果を時系列に入力・参照できます。

処方入力との連携

受付した患者について、処方せんの入力とモバイル端末を活用して、患者さんからの服薬状況などの情報の収集・記録を同時に行うことができます。処方せんの入力の状況をモバイル端末で確認できるので、処方せんの入力が終われば今回の処方内容を取り込み、確認することができます。

処方入力との連携
タッチ入力ができるモバイル端末画面

薬局内モバイル端末を使って、待合室で患者さんの情報収集や服薬指導を行うことができ、いっそう効率の良い薬局業務が可能です。モバイル端末画面は、左側の「参照エリア」と右側の「編集エリア」に分かれているわかりやすいレイアウト。タッチしていくだけで患者さんの服薬状況などの情報を入力できます。

訪問先での薬歴確認や記録が可能

在宅支援機能では、計画書の作成、服薬指導実施状況の記録、医療機関などへの報告書作成が行え、在宅業務をサポートします。服薬指導の結果は薬歴へ反映することができますので、薬歴との一元管理が可能です。

iPad を活用しさらに効率化

オプションの訪問支援接続ソフト(iPadの活用)を利用することで、さらに在宅業務の効率化が図れます。服薬指導などの実施内容を訪問先でiPadを使用して入力することができ、入力した結果はPharnes Ⅲ-MXに送信することで薬歴への転記・報告書の作成が自動で行えます。

処方受付業務をよりスピーディーに行いたい! —電子化によりペーパーレス化—

スキャン取り込みで入力効率アップ
処方せんをスキャンして画像として取り込み、患者登録画面や処方入力画面に表示させることが可能。処方せんのほかにも、保険証や初回質問票、検査結果報告書などもスキャンして保存できます。
調剤録の電子保存機能を標準搭載
調剤録をペーパーレス化することで、処方せんの裏打ち時に起きやすい紙詰まりによるトラブルや、シールにプリントアウトする際の手間がなくなり、紙資源の節約にもつながります。
今、したい操作をシステムがナビゲート(処方入力ナビゲーション)
カーソルを合わせてファンクションキーを押すと、選択された行で「今」できる操作がメニュー表示されます。
一般名データベースを標準搭載
一般名データベースを搭載しているため、処方入力時に一般名を検索して、銘柄名をかんたんに選択し入力することができます。
患者さんにわかりやすい帳票類
患者さん向けの帳票を医薬品の写真入りで出力することで、服薬指導やコミュニケーションがより深まり、患者さんの服薬コンプライアンスがアップ。調剤過誤や飲み間違い防止にも役立ちます。
 
 
処方受付業務をよりスピーディーに行いたい! —電子化によりペーパーレス化—

一般名処方せんもスムーズに入力

一般名データベースを搭載しているため、処方入力時に一般名を検索して、銘柄名をかんたんに選択し入力することができます。

一般名処方せんもスムーズに入力

最新の医薬品情報で確認

処方薬に係わるチェック

処方薬や疾患から相互作用、副作用、重複投与、アレルギー、禁忌薬のチェック結果を表示。重複投与チェックでは、配合剤成分の重複、同効薬の重複にも配慮しており、より的確な重複投与チェックが行えます。

最新の医薬品情報で確認

添付文書データベース

添付文書を各項目ごとに分けて画面表示、添付文書もPDFで確認できます。また、文章を薬歴にも転記できます。※PDFからは一部薬歴に転記できないものがあります。

OTC添付文書PDFデータベース

患者さんが服用しているOTCの添付文書を確認できます。

豊富な帳票で、患者さんも薬剤師さんも安心

患者さんにわかりやすい帳票類

患者さん向けの帳票を医薬品の写真入りで出力することで、服薬指導やコミュニケーションがより深まり、患者さんの服薬コンプライアンスがアップ。調剤過誤や飲み間違い防止にも役立ちます。


豊富な帳票で、患者さんも薬剤師さんも安心

後発医薬品の取り扱いを促進

「オレンジブック保険薬局版(企画編集:日本薬剤師会)」をデータベース化し、標準搭載。先発医薬品と後発医薬品の違いをわかりやすく表現した帳票をかんたんに発行することができます。

薬歴・調剤録の電子保存機能を標準搭載

薬歴の電子保存で紙からの運用変更もスムーズ

薬歴の電子保存は、紙薬歴をイメージしたシンプルな画面レイアウトだから操作もかんたん。もちろん「真正性」「見読性」「保存性」の3つの基準をシステム内に実装し、電子薬歴として活用いただけます。

薬歴・調剤録の電子保存機能を標準搭載

調剤録の電子保存によりペーパーレス化

調剤録をペーパーレス化することで、処方せんの裏打ち時に起きやすい紙詰まりによるトラブルや、シールにプリントアウトする際の手間がなくなり、紙資源の節約にもつながります。

薬局の経営も、豊富な帳票で後押し

検査結果表示

薬局の経営も、豊富な帳票で後押し

薬剤使用予測

指定した期間内に来客予定の患者を抽出して、薬剤の予測使用量を算出することができます。不足量(発注量の目安)が自動算出されますので、計画的に発注してデッドストックを減らすことができます。

調剤報酬集計

調剤報酬の全体像や、各項目の金額、構成比などを把握することができます。

来局状況一覧

患者の来局情報をひと目で把握でき、シフト管理に活用できます。

来局予定患者一覧

慢性疾患など、継続服用する医薬品の仕入や予製剤などに役立てることができます。

薬剤集計・新旧薬価試算

薬価基準改定の時期などに、新旧の薬価を比較した試算を行うことができます。

全国の国保総括表・国保請求書に対応

全国47都道府県の国保総括表・国保請求書・福祉医療費請求書などに対応しています。もちろん、法令改正などで様式変更があった場合も速やかに対応します。

居宅サービスの介護保険請求にも対応

保険薬局における居宅療養管理指導の介護保険請求がかんたんに行えます。請求方法は、「紙レセプト請求、磁気レセプト請求、伝送請求」の中から選択することができます。

オプションソフト一覧


1 頭書データ送信 8 薬剤文書発行 15 保険証認識 22 ネットワークバックアップサービス
2 患者ID連携 9 カラー薬剤文書発行 16 モバイル端末 23 薬剤在庫
3 画像システム連携 10 薬剤チェック 17 PCレセプト照合 24 薬剤在庫管理ソフト
4 臨床検査ネットワーク 11 国保総括 18 会計データ連携 25 窓口自動精算機連携
5 再来受付連携 12 入院請求 19 特定健診請求システム※ 26 診療データ受付
6 診察券発行 13 訪問通所 20 特定保健指導支援システム※ 27 オーダー医事連携
7 診察予約 14 入所請求 21 セカンドサーバー 28 モバイル通信サービス

万全の障害

ミラーリング

大切なデータを守るため、ハードディスクを 2 重化しデータをミラーリング。また、外部ハードディスクへのバックアップで信頼性を向上させています。

日次バックアップ/フルバックアップ

毎日の業務のバックアップはもちろん、月に 1 度 OS ごとフルバックアップします。

バックアップサービス

万が一サーバーにトラブルが発生しても、クライアント1台は継続操作が可能です。

セカンドサーバー(オプション)

万が一サーバーにトラブルが発生しても、指定したクライアントが“セカンドサーバー”として機能し、平常時と同じ業務を継続できます。

ネットワークバックアップ(オプション)

インターネットを活用したデータのバックアップにより、自然災害や不慮の事故による患者データの消失を防ぎます。

万全の障害

ネットワークサービス

メディコムのネットワークサービスでは、法令改正時等の機能アップソフト、各種データベースをインターネットを経由してタイムリーに更新することができます。また、PharnesIIIから直接レセプトオンライン請求することができ、専用ルーターの機能により安全にインターネットとオンライン請求用ネットワークを切り替えることもできます。

ネットワークサービス

標準コード情報の配信

・参照画像データ
・「標準コード情報」は、薬価収載医薬品の「品名・薬価・医薬品コード等」を収載したデータです。
・原則、官報告示日またはその翌日に配信します。

標準コード情報の配信

多彩なサービス内容

プログラム

法令改正ソフト

調剤報酬改定時に配信するソフト及び薬価基準改定時に配信する点数薬価変更データ

コードチェックセット

経過措置期限切れ医薬品などの情報を更新するプログラム

機能アップソフト

バージョンアップを行うソフト

 

標準コード

標準コード情報

品名、薬価、医薬品コード、一般名、ハイリスク薬参考データ

 

医薬品に関するデータベース

写真データベース

医薬品写真のデータベース

薬剤情報文書データベース

効能・効果、注意、保存方法等を含む、薬剤情報文書データベース

相互作用/副作用チェックデータベース

相互作用チェック、副作用チェック(アレルギー/体質/疾患/副作用(系)(ペニシリ
ン系等))、重複投与チェック(配合剤/同効薬を含む)

添付文書データベース

医薬品の添付文書に関するデータベース

OTC添付文書PDFデータベース

OTCの添付文書(PDF)に関するデータベース

くすりのしおり®データベース

「くすりのしおり®」に関するデータベース

後発医薬品情報データベース

「オレンジブック保険薬局版(企画編集:日本薬剤師会)」を収載した後発医薬品情報に関するデータベース

使用上の注意の改訂情報データベース

添付文書の改訂に関する「使用上の注意改訂情報」、「DSU(医療安全対策情報)」をまとめたデータベース

 

その他のデータベース

保険者データベース

保険者に関するデータベース

住所辞書データベース

全国住所辞書データベース

JANコードデータベース

医薬品の包装単位ごとのJANコードデータベース

 

オプション

処方せん2次元コード入力ソフト

処方せんを介した医療機関との連携もよりスムーズに

・2次元コードにより頭書情報や処方内容をスピーディーに入力。
・窓口入力のスピード化で、患者さんの待ち時間短縮に貢献。
・時間の有効活用で、より丁寧な服薬指導も可能。
・キーボード入力の頻度減少により、入力ミスも低減。
・処方せんの改ざん防止にも効果的。

処方せん2次元コード入力ソフト

患者情報共有システム「Ph-NetReach」

セキュアなネットワークで患者さんの情報の共有化を実現

時間外の問い合わせに活用
ブラウザーで薬歴の内容を参照できます。チェーン薬局でも個人薬局でもご利用いただけます。
PharnesII/IIIで複数店舗の薬歴を共有
複数店舗の薬歴をリアルタイムで共有。他店舗にも来局している患者さんの薬歴※1を参照して、自店舗の薬歴表紙等に転記できます。

患者情報共有システム「Ph-NetReach」

 

総合経営支援システム「Ph-NetMaster」

本部と各店舗をインターネットで繋いで経営革新

本部機能<経営状況の把握・分析>

売上・粗利をリアルタイムに把握/全店舗・ブロック・店舗別の詳細なデータを取得
余剰・不動在庫の把握/各店舗の余剰在庫を把握し店舗間移動指示が可能
各種帳票出力/集計作業の軽減
店舗機能<日常業務の軽減>

営業日報からの解放/日報・月報などの作成、メール・FAX送信からの解放
手作業の軽減/入庫データを手入力する手間が省け在庫管理効率が飛躍的に向上
来局予測発注/来局実績をもとに医薬品需要を予測し、適正在庫を実現

総合経営支援システム「Ph-NetMaster」
 
 

 

セキュリティー

個人情報の漏洩防止(個人情報保護サポート機能)

Medicom-HRiVを操作する人ごとにパスワードを設定し、ログイン認証を行うことができます。外部メディアへのバックアップを行う際、データを暗号化して記録することができます。

不正アクセス防止(ファイアウォール・URLフィルター)

ネットワークから流れてくる通信を制御することによって、コンピューターへの不正アクセスを防止します。

ウイルスの予防・駆除(ウイルス対策ソフト)

ウイルスの感染予防と、感染してしまった場合のウイルス駆除を行うことができます。

サポートシステム

リモートメンテナンス

お客様のシステムと弊社システムをインタネットなどを利用して接続し、お客様のコンピューターを遠隔サポートいたします。これまでは直接お伺いしなければできなかったデータの作成や設定の変更などの作業が、その場にいなくても可能になります。お問い合わせの対応やトラブル発生時の解決にも、リモートメンテナンスならではのより早い対応が実現できます。

※本製品は、医療機器に該当する機能は含まれておりません。
※「参照画像表示」・「検査結果表示」・「グラフ表示」・「時系列表示」の機能については、カルテ記録や患者説明の用途でご使用ください。
※「病名チェック」・「薬剤チェック」の機能及び、「点検アシスト」を含めレセプトチェック機能を構成する各機能については、入力を補助する機能です。病名や処方、医療行為に係る決定は、医師の判断で行ってください。
※各種機器とのシステム連携においては、本製品は医療機器を直接制御するものではありません。
※Microsoft, Windows および Windows ロゴは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。